2013年06月10日

中国語 検定

語学を習得する過程において、検定試験は自分の実力を試すよい機会です。ある程度の級やスコアを取得すれば、入学試験や就職試験に有利になることもあります。
中国語の検定には色々な種類があります。検定の主催者や試験会場、試験の内容などが異なり、自分の目的に合った検定を選ぶ必要があります。
最も知られているものに中国語検定試験があります。これは日本の中国語検定協会が主催しているもので一般に中検と呼ばれ、国内で通用する代表的な中国語の検定です。
中国政府が公認している検定にはHSK、BCT、YCTがあります。HSKは正しくは漢語水平考試という名称で、中国語が母国語でない人を対象に世界各国で実施されています。世界的に通用する中国語検定で、中国の大学へ留学する場合にはこの検定結果が判定基準になります。
BCTとはビジネス中国語検定試験のことで、ビジネスシーンにおける中国語コミュニケーション能力を測定する検定です。
YCTは青少年向け中国語検定試験のことです。日本では29歳以下の人が受験することができ、学生にもよく利用されています。
さらに実用的な中国語の能力を測定する検定としては、実用中国語技能検定があります。日常会話などすぐに使える中国語の能力を測定します。
TECC といわれる中国語コミュニケーション能力検定も、実用的な中国語能力を測定する検定です。近年国内の企業からも注目を集めている検定です。
この他に、中国語のプロを目指す人には中国語の通訳検定試験や翻訳検定試験などがあります。

posted by KING at 22:46| Comment(0) | トレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

看護師

看護師を目指す年齢

通信教育で看護師を目指すと決めたものの、自分は本当に修了できるのかという不安や、勉強から遠ざかって久しいため、年齢的な不安もあるかもしれません。
そんな不安を吹き飛ばす数字があります。

福岡看護専門学校の通信教育で学ぶ学生の平均年齢は40歳前後で、20代後半からなんと60代後半までの方が頑張って学んでいます。
また、修了生の口コミ等により、九州近隣のみならず、全国から学生が集まっています。
学生全員が2年間で看護師国家試験に合格するべく、学校は全力でバックアップしています。

福岡看護専門学校は、放送大学とのタイアップ型で、看護師国家試験の受験資格を取得するために必要な全65単位のうち28単位を放送大学で取得することができます。
当該看護学校の入学前に、大学や放送大学等で取得した単位は、31単位を超えない範囲で認定する制度があります。

スクーリングと単位認定試験は、福岡・長崎・大阪・東京・沖縄での地方会場があり、希望日を選択できます。
また、病院見学実習は働きながら学ぶ人が多いことに配慮し、全国200以上の病院施設で実習が可能と柔軟性に富んでいます。
仕事を休む必要がある日数は、2年間で約40日程度になります。
その他に、放送大学の単位認定試験、模擬試験、国家試験対策等があります。

学費は2年間で約90万円で、その他に放送大学の学費として別途17万円が必要になります。
学費をサポートする奨学金制度は、教育訓練給付制度、地方銀行・都市銀行、国民生活金融公庫の教育ローン、オリコの教育クレジット、各都道府県看護師等修学資金制度があります。

posted by KING at 14:26| Comment(0) | トレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

高野山奥の院

聖なる地として多くの人が訪れる高野山の中でも「奥の院」は御廟のある尊い場所として知られています。
高野山の信仰の中心地です。
信仰者、観光者共に高野山に訪れた多くの人が行き交います。
奥の院を歩くことは、観光のためだけではなく、宗教的な体験をするようなものです。
歩いているだけでその雰囲気に圧倒されます。
信仰心のない人でもこの地を訪れたら荘厳な雰囲気に聖地と言われる所以を理解することができると思います。

奥の院にはいくつもの石碑があります。
これは歴史的人物を供養するために建てられた慰霊塔で、この慰霊塔を見ながら歩くことも奥の院の楽しみ方の1つとなっています。
慰霊塔は二十万あるいは三十万基と言われるくらいたくさんあります。
歴史的に有名な武将のものもあれば、一般庶民のものもあります。

奥の院では案内免許を持っている修行僧の人が、夜の奥の院を案内するナイトツアーが行われているそうです。
このツアーが大変人気となっているようです。
ナイトツアーでは奥の院について詳しく説明を受けます。
石塔の意味や、供養塔の意味、石碑についての説明など様々なことをわかりやすく説明してもらうことができます。
真っ暗な中、灯篭の灯りを頼りに歩いていきます。
このツアーに参加した後、翌日の昼間にもう一度奥の院に行くのがおすすめとのことです。
ツアー参加費は1人1,500円です。
今まで奥の院に行ったことがある人も、ナイトツアーで奥の院のまた違った姿を目にすることができると思います。

高野山奥の院-【電子ブック版】

高野山奥の院-【電子ブック版】
価格:500円(税込、送料込)

posted by KING at 21:00| Comment(0) | トレンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。